このページの最終更新日は2023 年 10 月 6 日です。
内容が古く、過去の津まつりに関する情報の可能性もありますのでご注意ください。

市民総踊り

1日目の夜は恒例の市民総おどり

2日間開催される津まつりの内、1日目の夜にフェニックス会場を使って市民総踊りが行われます。

企業やグループ等、多くの団体に参加いただき、会場を輪にして「津音頭」と「高虎音頭」を踊ります。

平成28年からは、「津のまち音頭」も総踊りに仲間入りしました。

10月7日(土)18:50〜

参加団体名(五十音順)

  • アクティブ連(30名)
  • 伊藤印刷株式会社(35名)
  • 岡三証券株式会社津支店(50名)
  • 株式会社おやつタウン(30名)
  • ダンスクラブworld sky(6名)
  • 津安芸農業協同組合(40名)
  • 津音頭保存会(27名)
  • 2023年度 津クイーン(3名)
  • 津市議会(40名)
  • 津市職員共済組合(100名)
  • 津市民ダンスサークル(20名)
  • 津保育所施設長連絡協議会(100名)
  • 株式会社津松菱(20名)
  • 西日本電信電話株式会社三重支店(60名)
  • 株式会社百五銀行(130名)
  • みえ医療福祉生活協同組合(50名)
  • 三重交通グループホールディングス株式会社(100名)
  • ライフ・テクノサービスグループ(50名)